どのように競走馬に名前を付ける

いかにも速そうな名前、勝ち続けそうな名前の他にも、地名や食べ物の名前、歌の一節や口語表現、「ふざけているのか?
」と思ってしまう面白い名前など、さまざまな名前が付けられている「競走馬」ですが、一体誰がどのように命名しているのでしょうか。
また、珍名も多い競走馬の名前ですが、命名するにあたってルールなどはあるのでしょうか。
馬の名前は、基本的に馬主が決めることが多いようです。競走馬として登録する場合、日本では、付けられる馬名はカタカナのみで、2文字以上9文字以内、アルファベット表記で18文字以内での馬名登録が義務付けられています。
使用できない馬名というものもあります。過去に優秀な成績を残した有名な馬名や、父母の馬と同名の名称、過去の競走馬と同じ名前は付けられません。
(登録抹消したものや、死後5年経っている馬に関しては再使用できるようです。)他にも、牝馬(メス)なのに男声をイメージさせる名称、その逆もまた禁止だそうです。
また、明らかな宣伝広告が目的の名称や、放送禁止用語になるような名称も認められません。
特に後者は、レースで実況の方が困ってしまいます。この馬名審査に通らなければ変更を求められます。命名の多くは馬主さんが行うと言いましたが、こちらも通常は「牧場名」を取ったり、父馬や母馬の名前を取ったり、半分ずつとって合わせたりということが多いようです。
牧場側が一般の方から名前を募って馬主さんが決めたり、競走馬ファンドなど馬主クラブの会員から募集して抽選ということもあります。
他にも、テレビやイベントなどの企画として公募の中から血統や馬のイメージに合わせて選び、申請・登録されるものもあるようです。
また、有名人が馬主であることも珍しくありません。この場合は自分の持ちネタやイメージなどで命名された競走馬もいるようですよ。もっと珍しいものだと、この競走馬に名前を付ける「命名権」がオークションに出されていたこともあるそうです。
競馬関係のイベントのPRで、ゲームに勝つと命名権をもらえる、なんていうものも過去にはありました。
一般からの公募の中からファン投票で決める、というようなアイドルさながらの命名方法もあったようです。
馬主さんだけでなく、一般の人でも競走馬に名前を付けることができるのですね。今後もいろいろな格好良い名前、面白い名前の競走馬が増えていくでしょう。その中の名前を付けるのはあなたかもしれませんね。

このページの先頭へ